ラオス、バイオマスエネルギー利用に期待

日本及びアジア各国のバイオマスエネルギーに関した活動やニュースを集め、国内外に発信するwebサイト「アジアバイオマスオフィス」によると、東南アジアに位置するラオスでは、今後、バイオマスエネルギーの利用が期待されている。

現在、ラオスの家庭や小規模工場のエネルギー使用は伝統的な燃料に依存しており1次エネルギー供給比率では、薪と炭が68%を占めている。
農業国であるラオスでは、毎年農林業から大量の廃棄物が発生しており、バイオ燃料の原料となるエネルギー作物栽培にも高いポテンシャルがある。

2014年末時点で、ラオスでは、砂糖工場のさとうきびの搾りかすのバガスによるバイオマス発電、とうもろこしの実からのバイオガスを利用した発電所など、3カ所で発電設備が稼働しており、設備容量は合計39.74MWとなる。とうもろこし工場の例では、年間5,000トン発生するとうもろこしの芯の80%を、とうもろこしの実の乾燥用燃料として使用し、残りを有機肥料に使用している。

ラオスでは、年間36.5万トンの木材生産からのおがくず、253万トンの米の籾殻および6.75万トンのとうもろこしの芯が発生している。しかし、これらのエネルギー利用例はまだ少なく、今後、研究開発を進めることによって、これらバイオマスエネルギーの有効活用が期待される。

6

1次エネルギー供給比率(2011年)
7


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。