諏訪信用金庫 地方創生に向け、6市町村と連携

 諏訪信用金庫(長野県岡谷市)は、諏訪地方の6市町村と「地方創生に向けた連携協定」を締結。7月9日、今井誠諏訪信用金庫理事長が諏訪市役所で協定書に署名した。

 同協定は、相互の連携を深めることで、各市町村が行う地方創生への取り組みに諏訪信用金庫が協力し、積極的に推進することを目的としている。

 連携事項としては、「産業創出に向けた支援」、「地域資源を活用した地域の創生に質する支援」、「魅力ある子育て環境づくり及び移住、交流などの『各市町村を元気にする』ための支援」、「社会参加、健康・福祉に質する支援」などが挙げられる。

 協定は各自治体の特色に合わせるため、各市町村との個別協定となっている。協定の期間は5年。

 同金庫を含む6信金が加盟する県信用金庫協会は6月22日に県と地方創生の連携協定を締結しているが、単独の信金が市町村と協定を結んだのは「初めてではないか」(諏訪信金)としている。

情報元:
諏訪信用金庫 – news_20150710.pdf

ss 2015-07-28 6.46.37


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。