石巻市 バイオガスで聖火点灯

東北大学大学院農学研究科は、3月6日(日)、石巻市総合運動公園にある旧国立競技場聖火台で、牛ふんから生成したバイオメタンガスを燃料にした「聖火」の点灯に成功した。バイオガスを使った「聖火」が点灯するのは、世界で初めてだ。
バイオメタンガスによる炎点灯を企画した同大学院の多田千佳准教授は、東京オリンピック・パラリンピックにおいて、バイオメタン聖火の実現を目指している。今回、2020年の聖火ランナーを石巻からスタートすることを目標とする石巻市および石巻体育協会らの協力を得て、点灯式の実現に至った。
石巻の点灯式には、多田准教授を中心としたチーム(東北大学 流体科学研究所ら)がバイオメタン聖火の燃焼システムを作製。精製したバイオメタンは、北海道鹿追町から提供された。今後は、多田准教授が鳴子温泉で研究してきた「エネカフェメタン」と同様、住民参加型の小型バイオメタン生産システムを各地に導入する事で、国民参加型のバイオメタン聖火の実現を目指し、石巻市や石巻体育協会らと共に、普及活動および関係各所に働きかけを行っていく。

画像:バイオメタンで燃える聖火の炎


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。