京都市が家庭ごみ有料指定袋にバイオマスポリエチレンの採用を試行実施

 京都市は、温室効果ガスの削減及び市民の環境意識の向上に向け、家庭ごみ有料指定袋の原料の一部(10%)に,バイオマスから生成されるバイオマスポリエチレン(サトウキビの非可食部等から生成)を使用する取組を試行実施する。
 家庭ごみ有料指定袋でのバイオマスポリエチレンの活用は,政令指定都市で初めての取組とであり、年間で500トンの温室効果ガス削減効果が期待されている。
 試行実施は平成29年6月から開始しており、今後の予定としては、今回の試行実施における品質や販売状況,また,経費やCO2排出量の削減効果等を検証し,平成29年秋頃に入札を予定している有料指定袋製造分からの本格実施について検討するとしている。

※写真はイメージ

【参照サイト】http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000214546.html


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。