インドネシア、廃棄物発電で日本と協力希望

インドネシアのルフット調整省(海事担当)は、廃棄物と危険物の処理事業で日本と協力を希望する意向を示した。インドネシア政府は国内12都市で廃棄物処理発電施設の建設を加速する政策を打ち出しているが、日本の技術やノウハウを活用して廃棄物問題の改善につなげたい考えだ。

まずはジャカルタへの廃棄物処理発電施設の導入を目指しており、「ジャカルタに入れることができれば、バンドン、スマラン、スラバヤ、バリ島など多くの都市に入る可能性がある」ルフット氏は語る。ルフット氏によると、ジャカルタ全体でのゴミは1日8,000tを超えるという。

※写真はイメージ

VIVA「Menko Luhut Ajak Jepang Investasi di Pembangkit Listrik Tenaga Sampah」


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。