欧州議会本会議、使い捨てプラスチック製品の禁止法案を採択

欧州議会本会議は10月24日、使い捨てプラスチック製品の流通を2021年から禁止する法案を可決(賛成:571、反対:53、棄権:34)した。欧州委員会が5月28日に法案を提案(2018年6月5日記事参照)、「ストロー」「レジ袋」など一般利用されている10品目の使い捨てプラスチック製品が禁止対象となる。

さらに、禁止対象とはならない、代替品が存在しない品目(使い捨て食品容器など)についても、2025年までに25%削減することを加盟国に義務付けるほか、その他のプラスチック製・飲料用ボトルも、2025年までに90%のリサイクル率を達成することを加盟国に義務付ける。さらにプラスチックを含む、たばこ用フィルターなどについては、2025年までに50%、2030年までに80%まで削減する厳しい目標を課す。

なお、欧州のプラスチック産業団体であるプラスチックス・ヨーロッパは10月24日付で「使い捨てプラスチック製品など対象の定義が曖昧なため、加盟国当局レベルでの解釈や運用をめぐる混乱が生じる」「EU指令として機能しないリスクがある」との懸念を表明する声明を明らかにしている。

※写真はイメージ

欧州議会本会議、使い捨てプラスチック製品の禁止法案を採択


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。