ASEANが海洋プラ削減で連携「バンコク宣言」

東南アジア諸国連合(ASEAN)は22日、タイのバンコクで開催中の首脳会議で、海洋ごみの削減に関する連携の拡大をうたった「バンコク宣言」を採択した。同時に発表した行動枠組みでは、各国が重点的に取り組むべき分野と推奨する活動を定めた。海洋ごみ削減の対策や科学的な調査の実施を求めている。

東南アジアは廃プラスチックをはじめとした海洋ごみの排出が多く、海洋汚染が問題となっている。宣言は「環境を保護し、海洋資源を持続可能な形で利用していくためにASEAN各国が協力を強めなければならない」としている。

行動枠組みは「政策・計画の立案」、「調査・研究」「啓発・教育」「民間部門の参画」の4分野にわかれる。人々の行動を変えるために啓発活動に取り組むことや、企業による海洋ごみ削減の活動を支援することなどを盛り込んだ。

※写真はイメージ

【引用サイト】ASEAN、海洋ごみ削減で連携 バンコク宣言採択


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。