東京2020で分別を徹底 小池都知事がハワイで表明

ハワイのホノルル市を訪れている東京都・小池知事は全米の市長らが集める会議で東京都の環境対策について講演し、2020年の東京オリンピックで会場のごみの分別を徹底してプラスチックごみのリサイクルを推し進める取り組みを明らかにした。

小池知事は日本時間の6月29日、全米の市長ら約90人が参加する会議に出席。この中で、小池知事はプラスチックごみの削減に向けて、2020年の東京五輪で会場内のごみの分別を徹底し、リサイクルを推し進める方針を明らかにした。

小池知事は「温暖化対策の取り組みを2020年大会でも実践し、ゼロエミッションの大会を目指します。」と英語でスピーチした。

東京都は都内の二酸化炭素の排出量を2050年までに実質ゼロとする温暖化対策の独自目標を掲げていて、講演ではこの目標実現に向けた取り組みもPRした。

※写真はイメージ

【引用サイト】知事 ハワイでプラスチックごみ削減推進を表明


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。