東京からのごみを受け入れ 立川市と桐生市が協定

桐生市清掃センターは東京都立川市の事業所から出る一般廃棄物の処理に取り組む。立川市は人口増などに伴い、ごみが増えている一方で、清掃センターは処理能力に余裕があるため受け入れを決めた。桐生市は十八日、立川市のごみ処理を手掛ける廃棄物処理業のオリックス資源循環(本店・埼玉県寄居町)と廃棄物処理に関する協定を結んだ。処理は十月に始める。

桐生市清掃センターは年間165,000トンの焼却能力を持つが、同市の人口減やごみ減量施策が進んだことなどで、昨年度の稼働率は6割弱にとどまった。センターは余力を生かし、立川市にある商業施設などからオ社が集める一般廃棄物の一部を焼却処理する。本年度は1,700トンを受け入れ、市は約4,700万円の歳入を見込んでいる。

オ社では廃棄物を二千度の高温で溶かす処理施設を寄居町で運営。立川市の商業施設などから回収した事業系一般廃棄物は年間約九千トンを処理している。

※写真はイメージ

【引用サイト】東京からごみ受け入れ 桐生市、立川市の事業系業者と協定


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。