ミニストップは3月2日から5月31日にかけ、千葉市内の3店舗で、同市指定のゴミ袋をレジ袋として使う実証実験を始める。通常の販売価格とほぼ同じ1枚8円で販売する。コンビニエンスストアのレジ袋はゴミ袋として使われるケースも少なくない。あらかじめゴミ袋をレジ袋として使ってもらうことで、環境配慮の姿勢をアピールする。

「イオンタワー店」など3店で、千葉市指定の可燃ゴミ袋(10リットル)をレジ袋として使う。通常は10枚セットで80円で販売しているところを1枚ずつ販売する。商品を持ち帰る買い物袋として使った後に、ゴミ袋として再利用してもらう。効果を検証し、本格展開も検討する。

コンビニを含む小売店では7月から、レジ袋の有料化が始まる。ミニストップは2019年6月から千葉市内の2店でレジ袋を1枚3円で販売する実験を実施。従前は約5割だったレジ袋を辞退する利用客の割合が約9割まで高まる効果があったという。

【引用サイト】
自治体指定ゴミ袋をレジ袋に ミニストップが実験


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。