九州電力、接続申込み回答再開

九州電力は12月22日、平成26年9月25日から回答を保留していた再エネの接続申込みについて、順次回答を再開していくと発表した。 
九州電力は、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの急速な拡大に伴い、電力の安定供給が困難となる見通しとなったことから、一部を除き、九州本土における再エネの接続申込みに対する回答を、9月24日から約3カ月、保留にしていた。

その後、再エネの接続可能量を算定し、第8回新エネルギー小委員会において、九州本土の再エネの接続可能量が確定した。国は12月18日、同小委員会の審議を踏まえ、再エネの導入拡大や、再エネ導入に伴う国民負担の抑制、バランスの取れた再エネ導入を目指した、「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について」を公表。

FIT運用見直し案

FIT運用見直し案

さらに、九州電力は、太陽光発電の接続申込量(1,322万kW)が接続可能量(817万kW)を既に上回っていることから、固定価格買取制度に基づく、指定電気事業者(年間30日を超えて出力の抑制を行わなければ経済産業大臣が指定する種類の再生可能エネルギー発電設備により発電された電気を追加的に受け入れることができなくなることが見込まれ電気事業者として経済産業大臣が指定する電気事業者)に指定された。

これらの状況を踏まえ、九州電力では回答を保留していた再エネの接続申込みについて、回答の再開を決定、対応策を公表した。

今後のスケジュールについては、①風力・地熱・水力・バイオマスについては、速やかに技術検討を再開し、接続検討結果を解答する、②住宅用を除く太陽光については平成27年1月中旬をめどに事業者向けの説明会を開催のうえ、ダイレクトメールで出力制御の条件などを知らせるとともに、接続協議の継続について意思確認を行う、③住宅用太陽光発電(10kW未満の余剰買取)については、経過措置として平成27年3月申込分までは、これまでとおり出力制御の対象とはせずに接続契約を行う、とした。

今後の対応スケジュール

今後の対応スケジュール

九州電力では、省令改正後速やかに、事業者を対象とした接続申込みの回答再開に関する説明会を開催する予定だ。

改正後のルールの適用

改正後のルールの適用


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。