沖縄、オゾンで汚泥処理 離島での活用を検討

沖縄県の環境関連の事業を手掛ける県環境・エネルギー研究開発機構が県内外の企業と共同で、環境負荷の少ない方法で汚泥や産業廃棄物を処理する技術を導入している。オゾンを活用した技術で汚泥を大幅に削減しながら処理できる。

家庭から出る汚泥の処理には、旋回噴流式オゾン酸化法を活用する。特殊な技術を使って汚泥処理槽の中にオゾンを行き渡らせ、バクテリアが食べやすい大きさまで汚泥を分解する。オゾンの効果で細かくなった汚泥はバクテリアがきれいに食べてくれるという。排水として自然に放流される段階には、汚泥の量を大幅に削減できる。ヒューエンス社が開発した技術で、県外の工場などで導入されている。

使用するオゾンは空気中の酸素から生成し、太陽光発電などで施設の電力を賄うため、環境負荷も少ない。県内離島での活用に向けて久米島で実証実験もしており、導入に向けて成果が出たという。今後は本格導入のための準備を進める。

※写真はイメージ

【引用サイト】オゾンで環境負荷軽減 汚泥処理、離島で活用も エネルギー開発機構 沖縄県内外企業と合同


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。