サントリーペットボトルを100%リサイクルへ

サントリーホールディングス(HD)はすべてのペットボトルを再生するシステムを確立する。2030年までに新たな化石燃料を投入せず、再生PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂と植物由来の素材を組み合わせて代替、循環させるようにする。廃プラスチックによる海洋汚染を防ぐ日本発のプラ資源循環のモデルとして、期待される。

同社は現在販売している飲料ボトルに使用済みペットボトル由来の再生PET樹脂を1割ほど使っている。この割合を30年までに6~7割に高め、不足分を植物由来の樹脂で補う。循環システムを30年までに確立させる。500億円規模の投資となる見通しだ。

植物由来の樹脂はマツの間伐材やサトウキビから砂糖を作った残りかすから作る。米国のスタートアップ、アネロテック(ニューヨーク州)と米国に新工場を設ける。原油由来のナフサ(粗製ガソリン)を分解して作るペットボトルと同程度のコストでできると判断した。

23年に稼働させ、量産に踏み切る。24年ごろには100%植物由来のボトルを使った飲料も発売するとみられる。

再生PET樹脂については、使用済みのボトルを粉砕し、異物を除いて容器を効率よく作るシステムを協栄産業(栃木県小山市)と共同開発した。25年までに再生設備を全国数カ所に増やす。

30年までにはサントリーHD製品のボトルは再生PET樹脂を6~7割、植物由来樹脂を3~4割で作る方針。植物由来の樹脂も再生できる。

サントリーHDは世界50カ国・地域でペットボトル飲料を販売し、年に100億本程度を利用しているとみられる。

容器の再生は世界の飲料メーカーの課題でもある。米コカ・コーラは30年までに容器原料の50%をリサイクル材にする目標だ。米ペプシコは欧州で30年に再生PET樹脂の使用比率を50%に、ネスレ(スイス)も米国市場で50%にするという。

ただ、海外ではペットボトルを燃焼したり埋めたりするのが主流で、再利用率は欧州では4割、米国では2割にとどまる。グローバルで廃プラの問題に取り組むには分別回収の仕組みをどれだけ浸透させられるかも重要になる。

環境省は3月末にプラスチック循環戦略をまとめた。6月下旬に大阪市で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議でも廃プラの海洋汚染対策が議題にのぼる見通しだ。

※写真はイメージ

【引用サイト】サントリーHD、ペットボトルを100%再生へ


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。