ユニリーバ、ライオン、コカコーラなど、環境目標を更新。再生材の使用促進など

飲料メーカーや日用品メーカーが、プラスチックに係る取り組みを中心に、次々と環境戦略・目標を打ち出している。

ユニリーバ・ジャパンは6月27日、2019年下期の新製品に、再生プラスチックを最大95%使用したパッケージを採用すると発表した。
同日発表した「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」の一環として行うもの。
「LUX」「Dove」「CLEAR」の3ブランドから着手し、2020年末までにPET素材のボトルを100%再生プラスチックに切り替えることを目指す(技術的に切り替えが難しい着色剤などの添加剤を除く)。
パッケージに使用する再生プラスチック(MR-PET)は、最先端のテクノロジーにより表面についた汚れのほか、真空・高温下で樹脂の中にしみ込んだ不純物まで徹底的に除去。本来の純度と機能を回復させた状態で製品化している。
FDA(米国食品医薬品局)、EFSA(欧州食品安全機関)の認可を受けた原料会社から、食品や飲料パッケージにも使える品質のものを調達。品質や安全性、使いやすさ、デザインの美しさはそのままに、よりサステナブルなパッケージを実現した。

ライオンは、環境経営における長期目標として「LION Eco Challenge 2050」を策定した。6月28日より詳細を「ライオン サステナビリティレポート2019」、同社HPにて公開している。
「脱炭素社会」の実現に向けては、2050年までに「事業所活動におけるCO2排出量ゼロ」(2030年目標:30%削減(対2017年、絶対量))、「ライフサイクルにおけるCO2排出量半減」(2030年目標:30%削減(対2017年、絶対量))を目指す。
「資源循環型社会」の実現に向けては、2050年までに「プラスチックの高度な資源循環」(2030年目標:再生プラスチック・バイオマスプラスチックの使用量倍増(対2017年、絶対量))、「持続可能な水使用」(2030年目標:ライフサイクルにおける水使用量30%削減(対2017年、売上高原単位))を目指す。

コカコーラは、「容器の2030ビジョン」を2019年7月に更新。
【設計(Design)】
●「ボトルtoボトル」(※)を推進し、2022年までにリサイクルPET樹脂の使用率50%以上を達成します(2018年実績:約17%)。2030年には「ボトルtoボトル」の割合を90%にまで高めます。
※「ボトルtoボトル」とは、使用済みPETボトルを回収・リサイクル処理したうえで、PETボトルとして再生し、飲料の容器として用いることです。
● 2025年までに、日本国内で販売するすべての製品にリサイクル可能な容器を採用します。また同年までにすべての製品のPETボトルにサスティナブル素材(リサイクルPET樹脂または植物由来PET樹脂)を使用します。
●さらに、2030年までには、サスティナブル素材の割合を100%とすることで、新たな化石燃料を使用しない容器の完全導入を目指します。
●2030年までに、製品1本あたりのPET樹脂の使用量を35%削減(2004年比)します。

【回収(Collect)】
●2030年までに、日本国内で販売した自社製品と同等量のPETボトルを回収します。

【パートナー(Partner)】
● 政府や自治体、飲料業界、地域社会と協働し、すでに極めて高い水準にある国内のPETボトルと缶の回収・リサイクル率の更なる向上に貢献するべく、より着実な容器回収・リサイクルスキームの構築とその維持に取り組みます。

※写真はイメージ

【引用サイト】
ユニリーバ/再生プラスチック最大95%使ったパッケージに切替
ライオン、長期環境目標「LION Eco Challenge 2050」を発表
「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」を目指してコカ・コーラシステム、日本国内におけるPETボトルの循環利用の加速に向け、新たな環境目標を策定


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。