ローソン 帰り便で廃棄食品回収の実証実験を開始

ローソンは7月31日、三菱食品、日本農産工業、三菱商事と連携し、ローソンの既存物流網(商品配送後のトラック戻り便)を活用した、店舗の廃棄食品回収の実証実験を、8月1日より東京都内の3店舗で開始すると発表した。

実証実験の結果をふまえ、2020年度に、関東エリアの400店舗での実施を目指している。

実証実験では、店舗から回収した廃棄食品をローソン店舗への商品納品後のトラックの戻り便を活用して千葉県市川市にある三菱食品の物流センターに集約する。その後、別の収集運搬会社がリサイクル工場に廃棄食品を配送し、工場で飼料に加工した後、日本農産工業を通じて畜産農家に提供される。

従来、ローソンでは、廃棄食品の収集運搬会社が店舗ごとの廃棄食品を直接回収し、リサイクル工場に配送している。今回の取り組みでは、収集運搬会社を通さず、既存の店舗物流網を活用するため新たな人員の手配の必要がない。

この取り組みは、収集運搬会社が店舗に行く必要がないため、食品リサイクルの向上だけではなく、ドライバー不足の解消や、走行するトラック台数の削減によるCO2 の削減に繋がると考えている。

ローソン店舗でも、食品ロスは年間約4.4 万トン発生している。ローソンは、2006 年5月から、収集運搬会社が店舗で発生した廃棄食品を直接回収し、飼料(豚やニワトリのエサ)や肥料としてリサイクルする取り組みを開始し、現在は約2800店(2018年2月時点)

※写真はイメージ

【引用サイト】ローソン/既存物流網を活用した「廃棄食品回収」の実証実験を開始


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。