廃プラからバージン材と同じ品質のプラスチックを ケミカルリサイクルの開発急ぐ

独BASFや米ダウ、三井化学、昭和電工、宇部興産など多くの化学メーカーは、ケミカルリサイクル技術の開発を急いでいる。米ダウは8月29日、廃プラから熱分解油を生産する技術を持つFuenix Ecogyグループ(オランダ)とパートナーシップ契約を結んだ。熱分解油はナフサと同様に既存の石化プラントで原料に使えて、多様なプラを生産できる。

Fuenixの技術は、廃プラ1キログラムから7割にあたる700グラムを新品のプラを生産でき、石油由来のプラ生産に比べ二酸化炭素(CO2)排出量を5割削減できるという。ダウは同社から熱分解油の供給を受け、オランダ・テルヌーゼンの生産設備でプラスチックを生産する計画だ。

廃プラ由来の熱分解油からのプラ生産では、独BASFが先行している。同社は熱分解油を生産する独Recenso(レセンソ)と連携。2018年10月に初めて、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェンにある拠点の生産設備に原料として熱分解油を投入した。

7月には、BASFのパートナー企業4社が熱分解油由来プラを使った試作品をドイツでお披露目した。英ジャガー・ランドローバーは同社初の電気自動車タイプのスポーツ多目的車向けにポリアミド樹脂製部品を試作。他の3社は発泡スチロール製包装資材や、バリアー性の高い食品包装フィルム、回路遮断器を製作し、多様な製品に対応できている。

日本では三井化学が自動車業界と連携し、外装部品から熱分解油を生産し、ポリプロピレンなどを生産する技術開発を進める。宇部興産や昭和電工は、廃プラから生産した合成ガスを使ったケミカルリサイクルの推進に向け、日揮や荏原環境プラント(東京都大田区)と協業の検討を始めた。4社は年内をめどに荏原と宇部が開発した技術のライセンス契約を結び、同技術を活用した廃プラのガス化処理設備の営業活動を展開する。

※写真はイメージ

【引用サイト】新品と同じ品質の再生プラスチックを!化学業界が技術開発急ぐ


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。