IHI、廃食油焚ボイラーを開発 燃料費最大65%削減

株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)のグループ会社である株式会社IHI汎用ボイラ(所在地:東京都江東区,社長:武田 哲,以下「IBK」)は,食品加工工場などで発生する廃食油を100%燃料として利用することを可能にした廃食油焚ボイラ『K-Tシリーズ』を組み込んだ新システムを開発し,本格販売を開始した。

新開発の『K-Tシリーズ』は,IBKの高性能貫流ボイラ(※)に,マルチ燃料対応バーナーを採用することで100%廃食油を燃料として運転することを可能にした,環境にやさしいボイラ。燃焼の四位置制御と,高機能型マイコン制御を標準装備した高効率ボイラで,蒸気量は1,000kg/h級と小型ボイラとしては大容量で,かつコンパクト設計により省スペースを実現している。

従来のボイラでは,食品加工の過程で発生した廃食油は,全量有価物として廃油処理業者に売却する一方,ボイラ燃料は別途購入しており,差額が燃料費として発生していた。

『K-Tシリーズ』による本システムでは,食品加工過程で発生した廃食油を,自社で廃油清浄装置を設置して全量清浄し,そのまま燃料として再利用することが可能で,新たに燃料を購入するのに比べ,最大約65%コスト削減が可能となり,同時に,廃食油をバイオマス燃料として再利用することにより,省資源化およびCO2削減に貢献する。

IBKでは,国内に広く展開している自社販売網を通じて,初年度10台の販売を目標に,廃食油焚ボイラシステムの営業活動に注力していく。

※写真はイメージ

【引用サイト】廃食油100%利用可能な廃食油焚ボイラシステムを開発・販売開始~食品加工時の廃食油を全量燃料化し,環境負荷低減,燃料費最大約65%削減を実現~


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。