ブックオフグループホールディングス株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:堀内 康隆、以下、ブックオフ)は、古紙リサイクル資源の100%国内循環を目指し、日本製紙株式会社と新たなリサイクルシステムの構築・運用を開始した。

これまでブックオフは、顧客からの買い取り時に値段がつかず、顧客の了承に基づき引き取った書籍、および買い取り後に一定期間販売に至らなかった書籍については、古紙事業者に引き渡すことでリサイクルにつなげていたが、引き渡し後の流れは古紙事業者の裁量に委ねており、その多くは海外へも輸出されていた。

今回、「ブックオフが排出した資源物は原則として国内で再資源化したい」という意思の下、ブックオフの指定拠点より排出された古紙については、古紙事業者を通じて、その全量を日本製紙へ納品するシステムを立ち上げた。これにより、顧客から買い取り・引き取りした書籍が確実に国内で再資源化されるだけでなく、ブックオフとしてもトレーザビリティの強化につながり、より排出者としての責任を全うすることにつながる。

まずは、ブックオフ公式EC買取・販売サービスである「BOOKOFF Online」の倉庫(横浜市瀬谷区)より排出される年間約8,000トンの古紙について本システムを運用し、その後は全国に展開中のBOOKOFF店舗から排出される古紙についても同様の流れを計画している。

また、将来的には、ブックオフが排出した古紙から生まれた再生紙を、ブックオフの事業活動に活用する循環システム(クローズドループ)についても検討している。

【引用サイト】
~古紙リサイクルの100%国内循環を目指して~ ブックオフが製紙会社と新たなリサイクルシステムを構築


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。