プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、日本環境設計 共同プラごみ回収プロジェクト「プラごみペイ」を開始

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社は日本環境設計とともに、「地球への敬意を払いたい」をテーマとした新しいプラスチックリサイクルとして「プラごみペイ」プロジェクトのトライアルを開始した。
トライアル運用は北海道地域限定。

プラスチックごみリサイクルの重要性は日本では常識となっているが、認識に行動が伴っていない事実が問題視されている。
プラごみペイは刻一刻と深刻化するプラごみ問題を、キャッシュレス決済と地域貢献と組み合わせることで、誰もが容易かつ積極的にプラごみリサイクルの流れに協力できるよう構想されたプロジェクトとなっている。
プラごみを減らそうという地球への敬意に対する感謝として電子ポイントが贈られるという形だ。

トライアルは協力会社であるサツドラホールディングス株式会社の北海道にある174件の店舗で、6月1日から8月2日まで実施されている。
まずは北海道限定で効果を検証し、行く行くは日本全土で継続的な取り組みとなることを目標としている。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。