日々、街中の環境衛生を守るために多くの清掃員が朝早くから夜遅くまで働いている。清掃車は街の中をくまなく走り回り、至るところに散在しているごみ箱や様々なごみを収集しては運んでいる。そして彼らによって集められたごみを処理する企業もある。
そんな環境衛生は非常に大きなスキーム構成によって成り立っているのだ。
そんな人々の生活に不可欠なものとなっている環境衛生であるが、この業界は昨今のデジタル化から取り残されている分野でもあるのだ。
それは、多くの企業で今なお人による労力や経験に頼っての運用がなされており、データ分析による効率向上やコスト削減を阻んでいる状況となっている。
そんな中にあって環境衛生関連事業者に効率の優れたIoTデータサービスを提供するのが、今般36Krが取材した「酷陸科技(Coollu Network Technology)」なのだ。
同社はソフトウエアーとハードウエアを一体化したシステムソリューションを清掃に関わる業者と関連設備メーカーに提供している。
同社CEOの羅舟路は現在の市場にはふたつの課題が存在すると取材時に語っている。
ひとつ目は、現状での清掃に携わる業者には清掃設備や清掃員をはじめ、清掃エリアのごみ分布状況などのデータ収集などが難しく、データを有効活用する術など持ち合わせていないことだと言う。その結果は、設備の遊休状態を誘発したり総合的な使用効率の低下を招いたりしているのだ。
ふたつ目は、清掃業務に使用する設備機材の運用状況データがないことで計画的なメンテナンスが損なわれて故障率が高くなってしまうことだと言う。
酷陸科技はこれらの課題に対してIoT技術を活用することで応える。清掃に関わる事業の関連データを取得し、それらをAIアルゴリズムの駆使によって分析することで極めて高い効率を実現する運営ソリューションを提供すると言うのだ。
さらに、最終的な目標は清掃業者の総合的な設備使用率を向上さて設備の遊休率と故障率を低下させることだと羅舟路CEOは語っている。

同社のデータ収集は、ごみ箱にICチップ「酷陸雲桶芯片」を搭載することで位置情報やごみ箱内のごみ満杯情報をセンターに送るのだと言う。そして、清掃員に携帯させて管理するスマートブレスレット、清掃設備のメンテナンスや故障サービスに使用うるIC「酷陸雲盒」なども自社で開発しているのだ。

環境衛生設備関連の技術を25年以上に渡って積み重ねてきた酷陸科技は、業界でも初の設備の故障識別データベースを構築している。これは「デバイス・フィンガー・プリンティング」と呼ばれる端末識別技術を使ったものだ。データベースで個々の設備と故障の特徴で照合し、それをAIアルゴリズムで診断することで、清掃設備の故障診断を可能にし、メンテナンス要否のアドバイスまでしてくれるのだ。
羅舟路CEOは同社のソリューションを導入した企業は、設備故障によるロス時間が35%から45%減少し、設備の稼働効率が50%から55%も向上、さらにメンテンナンス費用は20%から25%も減少しただけでなくトータルコストの削減も10%から15%達成していると話す。

また、酷陸科技の競争力の源は「データ」だと羅舟路CEOは話しており、同社が長きに渡って蓄積してきた清掃設備のデータとプロジェクトの運営データとの組み合わせが、清掃業者の効率の高い車両配置や設備メンテナンスを実現するデジタル化運営システムの提供を可能にしているのだ。
同社の収益モデルについては、主たる売り上げはプロジェクト全体のソリューションと派生するデータサービスだと説明している。

環境衛生事業への投資は経済の発展とリンクしており投資額は右肩上がりである。中国国内の環境衛生市場も例外ではない。国家統計局の資料によると、都市および農村部の環境衛生関連の財政支出は、3年連側で平均16.7%も増加しており2018年には2500億元(約3兆7500億円)となっている。

東方証券(ORIENT SECURITIES)は2019年の全国の環境衛生市場の規模を2200億元(約3兆3000億円)とし、2020・2021年の成長率を11.9%・7.6%と見込むとレポートしている。
これに伴い、環境衛生サービス業界も活況で新規の契約も増加を裏付けるように、2017年では前年同期比34.5%増の301億元(約4500億円)、2018年では同62.9%増の491億元(約7365億円)の新規注文金額となっている。
環境衛生関連の業界では上場企業の売上総利益率が20~30%の間となってきており、「僑銀環保(Qiaoyin Enviromental Protection)」「玉禾田(EIT Environmental Development Group)」などがデジタル化推進での効率向上とコスト削減ニーズが高まっている。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。