建設・不動産などを手がけるPLBエンジニアリングは、65%出資子会社のPLBテランがペナン州に廃棄物発電所を建設する。この分野における投資を行う地元企業ウェル・エンバイロンメント・アンド・リニューアブルエナジーと提携することで覚書を交わしたと発表した。
 
1日あたり1,000トンの一般廃棄物(MSW)の処理を行い、それによって発生した電力を販売する計画。ウェルはPLBテランに資本参加する予定で、今後出資比率などを決める。建設費用の調達はウェル社が担う。PLBはペナン州政府から廃棄物処理の認可取得手続きを進め、中央政府と売電交渉を行う。
 PLBエンジニアリングは1973年設立された、建設や不動産開発、投資、廃棄物処理、再生可能エネルギー発電などを主な事業としている。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。