丸紅株式会社はビジネスプランコンテストによって誕生した循環型食器「edish」の実証試験を開始した。

「edish」は紙やプラスチックよりも安価な食品廃材を活用して食器として整形して製造されている。

生分解性が早くて自然と調和性があるブランドとして育てていくことが目指されている。

「edish」の使用後は回収して工場で処理し、飼料などへと加工して畜産事業者や肥料事業者に提供する計画をしている。

飲食店での利用や回収だけでなく一般消費者にも回収ボックスでの回収に参加させることで、循環型社会へ参加を意識させて環境問題を考えされるきっかけを作ることも目論んでいるのも特徴だ。

今回の実験では小麦ブランをボウル容器と平皿、深皿を使用し、回収後には公園で肥料にする計画だ。

株式会社ゼットンの協力により8月11日から10月31日まで実施予定で、ユーザーの検証と循環サイクルの検証を実施する。

フィードバックを受けて事業化を検討していくオープン型の実証実験として進めている。

丸紅では「edish」のブランドとして小麦ブランだけでなくミカンの皮、使用済み茶葉、コーヒーの豆かすなどの食品廃材を原料とする食器の開発を進めている。

平皿やボウルだけでなくタンブラーやフォーク、スプーンなどへの加工も検討している段階だ。

この事業化によって食器のアップサイクルによる循環型社会の実現に貢献する。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。