ナイロン製船舶ロープのマテリアルリサイクル事業を開始

 リファインバース株式会社は、昨年よりリサイクルナイロン樹脂「リアミド」の販売を開始したが、海洋プラスチックやサーキュラー・エコノミーへの社会的関心の高まりを背景に原料ソースの拡大を行う。これまで廃棄魚網やエアバッグ工程端材を主要な原料として「リアミド」を製造してきたが、ナイロン製船舶係留用ロープでも自社開発したプロセスでリサイクル可能であると確認できたため、今後はこれを新たな原料として「リアミド」事業をさらに拡大する。今後もリサイクルナイロン樹脂「リアミド」の原料ソースの拡大や材料・用途開発を進めていくそうだ。

【引用元】
https://www.r-inverse.com/pdf/20201023.pdf

※本記事に掲載している写真と本文は関係がありません


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。