伊藤忠商事、ナイロン循環に向けて「ECONYL」展開のAquafil社と業務提携

 伊藤忠商事はイタリアのAquafil S.p.A.(以下、Aquafil社)とナイロン循環リサイクルに関するビジネスの拡大に向けて業務締結をした。Aquafil社は世界最大のリサイクルナイロンブランド「ECONYL(エコニール)」を展開している。この業務締結を契機にナイロン廃棄物からリサイクルナイロンを原料とした最終製品の開発・販売に本格的に取り組む意向だ。

 ナイロンは石油由来の化学繊維及びプラスチック原料として、ファッションやカーペット等だけでなく、漁網や食品包装、自動車の部品まで幅広く使用されると同時に、て原料との複合素材として使用されることが多く、リサイクルが難しい素材だ。Aquafil社独自の技術を用いることでナイロン廃棄物をケミカルリサイクルによってカプロラクタムまで戻した上で不純物を完全に除去し、バージン材と同等の品質で再利用できる。同社はこの技術を活用し、2011年より「ECONYL」の生産を開始し、ファッション業界やカーペット業界を中心に、環境配慮型素材として全世界2000社以上の著名なブランド(GUCCIやBURBARRY、PRADA等)で採用されてきた。「ECONYL」は100%廃棄物からのリサイクルのため、石油由来の通常のナイロンに比べて90%ものCO2排出量削減効果がある。

 伊藤忠は、ナイロンの原料であるカプロラクタムやナイロンチップについて世界最大規模の取り扱いをしており、同社がもつナイロンバリューチェーンの活用とAquafil社の「ECONYL」事業の方向性が合致し、業務提携に至った。今後、伊藤忠商事のもつ多様なネットワークを活用して多岐にわたる用途に向けて拡販していく予定だ。

 さらに、既存の販売チェーンから廃棄ナイロンの回収スキームの構築を視野に入れており、原料安定供給の観点からもAquafil社との協業を進めていく考えだ。今後の事業拡大に向けて以下の取り組みを進める予定だ。

 ・ナイロン廃棄物の回収(漁網・カーペット・廃棄衣料品など国内外から回収)
 ・「ECONYL」の日本やアジア市場を中心とした拡販
 ・「ECONYL」の新規用途開発(自動車部品やフィルム等)


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。