レコテック・URC・双日・凸版印刷・福岡大学が、プラスチック再生材の市場に関する研究会を発足

レコテック株式会社は、福岡県の外郭団体である公益財団法人福岡県リサイクル総合研究事業化センターの「令和3年度研究開発事業」に採択され、公益財団法人福岡アジア都市研究所(以下 URC)、双日株式会社(以下 双日)、凸版印刷株式会社(以下 凸版印刷)、福岡大学と共同で、福岡県において静脈DX最先端都市を実現することを目的に、「プラスチック再生材の市場と利用可能性に関する研究会」を発足した。
今後、プラスチックPCR材*需要家の具体的なニーズの把握を通して、排出先の選定や再生資源循環プラットフォームシステムの在り方を明確にしていく。

*ポストコンシューマーリサイクル材。家庭から排出される材料、または製品のエンドユーザとしての商業施設、工業施設及び各種施設から本来の目的のためにはもはや使用できなくなった製品として発生する材料。これには、流通経路から戻される材料を含む。

(1). 目指す都市像
大規模経済圏である政令指定都市福岡県は、最先端の工業地帯の北九州市をかかえている上、スタートアップコミュニティーを発展させている。福岡県において、再生資源循環プラットフォームを実装させることで、各プレイヤーの有機的な交流を活性化し、静脈DX最先端都市として資源の域内循環を実現させる。AI x ビッグデータ x IoT x Blockchainの活用によって、廃棄物の排出から収集運搬、リサイクル加工、製造業へのサプライチェーン全体が可視化され、トレーサビリティが担保された形で、最適な資源循環を目指している。これにより静脈循環のCO2の排出量削減を実現し、脱炭素都市への移行に貢献する。(図1参照)

図1

(2). 本研究会発足の背景と研究内容
現状、商業施設等の事業系から排出される廃プラスチックは、一箇所から発生する量が少量であり、リサイクルルートに回すには経済的なインセンティブがない。そのため、分別されずに焼却されてしまうケースが多く見られる。また、複数の素材が混在し、マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルには向かないため、ほとんどがRPFなどサーマルリサイクルされている。(図2参照)

図2:現状のリニアエコノミー型社会

一方、サーキューラーエコノミー社会実現へ、様々な取り組みが国際的に行われている中、各企業が再生資源(PCR材)の利用の拡大方針を表明し、再生資源の需要が高まっている。さらにバーゼル条約の改正など廃プラスチック輸出の規制強化の影響などから廃プラスチック処理費が高騰しており、排出事業者は廃プラスチックの発生抑制、コスト削減のための取り組みが必須となる。

レコテック株式会社は、昨年度の福岡県での実証事業において、排出元からの入力されたデータを活用した発生予測の手法開発、さらには回収した廃プラスチックから、再生資源を製造し物性評価等を実施した。その結果、資源循環プラットフォームシステムの普及の条件として、再生資源利用者側のニーズを具体化することが不可欠だと確認した。前述の実証にて得られた具体的なPCR材のニーズに関する知見を活用し、ニーズからバックキャスティングすることで、排出元の選定や再生資源循環プラットフォームシステムのあり方を明確にしていく予定だ。(図3参照)

図3:目指す姿

本研究では、特に製造側のニーズを明らかにし、求められる再生プラスチックの品質と買取価格を明らかにする。それにより、排出元に処理コストの削減などのメリットを創出することができる。また、国外企業に限らず、日本国内の大手日用品、化学メーカー等もPCR材の利用率目標を掲げており、このような具体的なニーズ(量、種類、コスト等)を明らかにすることで、回収すべき資源や方法、取り組むべき優先順位が明確になるものと考えている。

実証期間 :2021年7月 ~ 2022年2月(予定)
対象の廃棄物 :廃プラスチック
取り組みテーマ:
1.プラスチックPCR材の大手需要家となる製造業者のニーズ(種類・品質・需要量)を把握
2.プラスチックPCR材の用途開発(試作を含む)
3.PCR材調達ニーズからバックキャスティングし、継続的に回収する排出元と廃棄物の種類を選定
4.選定した排出元からの効率的な回収・リサイクル手法を検討
5.静脈サプライチェーン全体のコスト負担の検討から、排出事業者・製造業者へのインセンティブの明確化

(3). 各社の役割
■レコテック
本研究会の全体統括。
実証事業で得られた結果を、再生資源循環プラットフォーム”Material Pool System(MPS)”の開発に反映させ、システムの社会実装を進める。

■双日
プラスチックPCR材需要家にヒアリングを行い、PCR材の具体的なニーズ調査。
MPSの社会実装に向けたシステム開発サポート。

■凸版印刷`
PCR材の市場調査と用途開発、試作品の検討。
PCR材調達時におけるコストメリットや安定した品質、調達量確保の可能性を調査。

■公益財団法人福岡アジア都市研究所
PCR材需要家のニーズから得られた知見を元に、福岡市のシンクタンクとしてのノウハウを活用して静脈サプライチェーンそれぞれへのヒアリング、交渉を行う。

■福岡大学
プラスチックPCR材のマテリアルリサイクル技術へのアドバイス
PCR材の物性評価を担当。
リサイクルプロセスにおけるコスト検証の情報提供を行う。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。