マツダ、バイオエンジニアリングプラスチックを開発

マツダ(広島県府中町、小飼雅道社長兼CEO)は、三菱化学(東京都千代田区、石塚博昭代表)と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発した。

植物由来原料使用による石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制、無塗装によるVOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)の削減により、環境負荷を低減しながら、従来材料の塗装が施された部品を超える質感を実現。深みのある色合い、鏡面のような平滑感で、高い意匠性を持つ自動車外装部品としても使用可能となった。

マツダは、バイオマス領域での技術開発に積極的に取り組んでおり、これまでに植物由来の材料「マツダバイオテックマテリアル」として、業界初の高耐熱・高強度な自動車内装部品用バイオプラスチックの開発や、世界初の植物由来100%の繊維からなる自動車用シート表皮の開発に成功している。

しかし、自動車の外装意匠部品に使用する材料は、意匠部品としての高い質感はもちろん、耐候性、耐傷付き性、耐衝撃性など、厳しい環境に耐え得る材料であることが求められるため、バイオプラスチックでの実現には技術的に課題があった。

今回の開発では、成形性がよく、耐久性の高いバイオプラスチック母材の開発をベースに各種の添加剤、着色剤の混合による材料組成の最適化(特許出願中)、成形時における金型仕様の最適化などに取り組み、自動車の内装意匠部品だけでなく外装意匠部品にも使用できる材料の開発に成功した。

同材料は、2015年からグローバルに発売予定の新型「マツダ ロードスター」の内装意匠部品に採用し、その後順次、量産車の外装意匠部品にも採用していく予定だ。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。