三菱ケミカル、リサイクル可能な耐熱OPSシートを開発

三菱ケミカルは17日、リサイクル性に優れた耐熱二軸延伸ポリエスチレンシート(耐熱OPSシート)の開発と量産体制を整えたと発表した。

軽量ながら強度があり、また透明性や成形加工性に優れたOPSは弁当容器のフタなど食品包装容器として幅広く使用されているが、電子レンジで使用可能な耐熱性の高いOPSは、端材を溶かしても混ぜ合わせにくいという点で再シート化が困難な為、リサイクルに適さないという課題があった。

上記のような顧客の課題意識を踏まえた上で、同社は原料メーカーと共同で顧客の製造過程内でリサイクル可能な耐熱OPSの開発に至った。複数の顧客と既にサンプルワークを進めている段階で、一部では採用も決定している。

サーキュラーエコノミー(循環型経済)やSDGs実現へ向けて、製品などのリサイクルは重要な取り組みの一つである。同社は今後も顧客サイドのリサイクルへの配慮も行いつつ、持続可能な社会の実現へ向け貢献していく。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。