P&Gジャパン、単一素材(モノマテリアル)の詰め替えパック発売

P&Gジャパン合同会社(本社神戸市、以下P&Gジャパン)は、自社が手がけるヘアケアブランド「パンテーン」において、P&Gジャパン初となる単一素材(モノマテリアル)を採用し、リサイクル可能な詰め替えパック『詰め替えECOPOUCH™』と、アルミニウムを採用し、再利用可能でプラスチック使用を最大限抑えた『アルミボトル』の発売を開始することを発表した。P&Gジャパンは2025年までに再生素材以外(バージン・プラスチック)の使用量を半減させ、2030年までにヘアケア製品のパッケージを100%リサイクル・再生可能にするという目標を掲げている。
今回の発表は経済産業省をはじめとした8省庁が定める「リデュース・リユース・リサイクル推進月間」や、日本リサイクルネットワーク会議が制定した「リサイクルの日」に合わせて発表された。

今回発表された『詰め替えECOPOUCH™』には3つの特徴がある。
1. 単一素材(モノマテリアル)を採用
これまで素材の耐久性や安定性、製品の品質を保つためのバリア性などの観点から実用化が困難であった単一素材(モノマテリアル)のパッケージ開発を完成させた。これまで詰め替えパックはリサイクルが困難なこともあり、焼却処分されることが一般的であったが、ポリエチレンベースの『詰め替えECOPOUCH™』ではリサイクルが容易になり、さらにリサイクル後の再生二次製品がより汎用的なものになる。
2. プラスチック使用量約60%削減
パッケージを変更し、従来のプラスチックボトルと比べ約60%プラスチックの使用量を削減。これにより新品プラスチック(ヴァージン・プラスチック)の使用量削減につながる。
3. リサイクルしやすい設計
従来の詰め替えパックに多用されているメタリックインクを使用していないため、リサイクル時の環境負荷が軽減される。

引用元記事より

今回発表された『アルミボトル』の3つの特徴。
1. 劣化しにくく、耐久性が高い
アルミボトルを採用し特殊なコーティング加工をしたことによって、湿気の多いお風呂場でも長期間使用可能なデザインとなっている。
2. プラスチックの使用量削減
アルミを使用することでプラスチックの使用量を大幅に削減。
3. プレミアムでスタイリッシュなデザイン
デザイン性を重視したボトルとデザインを採用。パンテーンのブランド理念である美しい環境と髪への貢献というメッセージが込められている。

加えてパンテーンは使用済み容器回収プロジェクト「グラムビューティーク・リサイクルプログラム」にも参画しており本州・四国・九州の「イオン」と「イオンスタイル」88店舗 において回収リサイクルを実施している。
この使用済み容器回収プロジェクトは容器回収・リサイクルを行うテラサイクル、イオングループ、大手化粧品・日用品メーカー4社との協働で行われている。

回収BOX(引用元より)


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。