株式会社JEMSが製造業におけるトレーサビリティシステム、Circular Navi(仮称)をリリース

循環型社会が注目される中で、株式会社JEMSが2022年1月よりブロックチェーンを活用した、循環型サプライチェーンを実現するためのトレーサビリティシステム「Circular Navi(仮称)」をリリースする。本サービスは、同社が長年培ってきた廃棄物管理のノウハウを生かし、リサイクル製品を製造・販売する企業向けに素材の由来を追跡・管理するためのプラットフォームである。企業は本サービスを利用することにより、仕入れた再生素材のリサイクル過程の情報を管理することができ、循環的に利用できているか可視化することができる。

「Circular Navi(仮称)」の特徴

1.静脈サプライチェーンの可視化

ブロックチェーンを活用し、リサイクル製品の流通過程を見える化。静脈トレーサビリティ・プラットフォームを構築し、製品のサプライチェーンの透明性とアカウンタビリティの達成。また、企業から排出された廃棄物・有価物のリサイクルされた過程を特定する為の「トレースフォワード」と「トレースバック」と言われる仕入れた再生素材から排出物を特定する二つの機能を備える。「迅速なトレース」と「サプライチェーンにおけるCO2の見える化」も、各工程で発生するCO2の排出量を算出することで可能になる。

2.自動認識技術とサービスの連携による正確なデータ登録

リサイクル品が出荷される際、自動認識技術を利用することで誰でも簡単にミスのない作業が可能であり、実際にシステムを運用する側の負担も低減できる。また、自動化により一連の作業における正確性の向上と省力化にも繋がる。

3.多岐にわたる企業・業界での利用が可能

多様な業界の習慣に合わせたシステム構築・カスタマイズが可能で、「すべての企業・業界で利用可能なシステム」をコンセプトとしている。そのため、一からシステムを開発する必要がなく、少ないコストでの導入、運用開始までの期間の短縮が可能になる。

本サービスを通して、循環型社会への具体的な取り組みの一環としての活用を後押しする。


【引用元】
*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。