アルミ系廃棄物から水素を システムの検証に着手

アルハイテック(富山県高岡市、綿貫勝介社長)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトにおいて、アルミ系廃棄物から水素を発生させ発電に利用するシステムの有効性検証に着手する。

同プロジェクトは、リサイクルが困難だったアルミ系廃棄物から資源・エネルギーを取り出す画期的なもので、システムの実用化への目処が立ったことから実動工場での検証に移る。装置は年内に完成させ来年から運用に入る予定だ。同システムでアルミ系廃棄物900トンを処理した場合、約1,700千kWh(一般家庭4,600軒分の月間使用量)の省エネ効果が期待でき、水素社会構築に向けた水素エネルギー利用の新たな可能性拡大を目指す。

アルハイテックは、アルミ系廃棄物からアルミを分離し水素を発生させ、発電に利用する画期的なシステムを独自に開発。2014年12月からNEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において、本システムの有効性を産業界で検証するために乾留炉と水素発生装置の開発に取り組んでいた。今回、朝日印刷の協力を得て、同社が提供する工場敷地(富山市婦中町板倉地内)に規模を拡大した装置を新たに設置。工場から出る紙・アルミ・プラスチックの複合材製品の端材を利用した実動工場におけるシステムの検証に着手する。

アルハイテックが開発したシステムは、アルミ付紙パックなど紙・アルミ・プラスチックの複合材廃棄物からパックパルパー(分離機)でパルプ成分を取り出し、残ったアルミ付プラスチックを乾留炉で加熱することでガス・オイルと高純度のアルミに分離。さらに分離回収したアルミを水素発生装置で特殊アルカリ溶液と反応させ、発生させた水素を発電などに有効利用する。NEDOプロジェクトでは、アルミ廃棄物からの有用資源回収による省エネルギーシステムの有効性を産業界で検証するため、製品化までに規模の拡大等の技術的な課題が残る乾留炉と水素発生装置の開発及び実験機での試験を行ってきた。その結果、乾留炉では空気量、温度、処理時間を調整することでプラスチックの不完全燃焼によって生じる炭化物の付着が少ないアルミを回収することができ、水素発生装置では化学反応による連続的な水素の供給を自動で制御することに成功。今回の検証では規模拡大時の運転条件の明確化や資源・エネルギーの回収率向上等の課題に対して開発を行う。また、現存の実験機は個々の装置が独立して稼働しているが、各装置の連動が求められる。工場とも連動できる形での運用を行い、十分な経済性を有し普及が見込まれることも検証する。

同プロジェクトによる検証をもとに製品としての完成度を高め、導入顧客となり得る印刷工場、パッケージ工場、金属工場等に対し、装置販売、リース、運用支援、特殊アルカリ溶液の販売、装置メンテナンスを行う「システム販売」を展開していく予定だ。

情報元:
NEDO:アルミ系廃棄物から水素を抽出し発電に利用するシステムの検証に着手
ss 2015-07-28 6.38.03


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。