フジタ 東南アジア地域の新エネルギー事業者へ出資

建設業をメーンに海外事業や都市再生事業を手がけるフジタ(本社:東京都渋谷区、奥村洋治社長)は、子会社のFujita Corporation Singapore Pte. Ltd. を通じ、東南アジア地域で廃棄物等を利用した発電、バイオマス、バイオガス発電などの再生可能エネルギー事業を運営するSimfoni Sure Global Pte. Ltd.(以下「SSG社」)への出資を決定した。

 東南アジア地域では都市化や工業化の進展により電力需要が増加しており、経済成長に伴う電力の確保が各国の課題となっている。同社では、今後、発電プロジェクトの運営及び発電インフラ建設へのニーズが広がっていくと見て、今回の出資を決定した。

 同社は、国内で培ってきた発電事業の運営や海外でのインフラ開発の知見・経験を生かし、SSG社への出資を通じて、アジア地域での発電事業に参画するとともに、アジア地域でのインフラ開発等への建設事業にも注力していく方針だ。

東南アジア地域の新エネルギー事業者への出資を実行|インフォメーション|株式会社フジタ


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。