ZEデザイン、木質ガス化発電所開設へ

 再生可能エネルギー発電事業者のZEデザイン(本社:京都市、西枝英幸代表)と、2000W以下の「コンパクトバイオマス発電装置」を手がけるZEエナジー(本社:東京都港区、松尾直樹代表)は、7月28日、山形県最上町と木質バイオマスガス化発電事業について、協力体制構築に関する覚書を締結。ZEデザインとしては初の木質ガス化発電所の開設に向けて取り組みを開始する。

 最上町は町の面積の84%を山林が占めており、かつては薪や炭への利用で林業が盛んだったが、化石燃料の代替等で事業は低下の一途を辿っている。近年、地域の福祉施設に森林エネルギーによる熱供給を行うなどの取り組みに力を入れており、バイオマスエネルギーによる「まちづくり」を推進している。

 今回の体制構築は、ZEデザインが計画する木質バイオマスガス化発電事業に対し、ZEデザイン、ZEエナジー、最上町の三者が一体となってプロジェクトの円滑な推進を実現することを目的としている。

 発電施設の着工は2015年10月を予定、発電規模は1000kWで2016年10月からの売電開始を目指す。また発電時に発生する熱についても最上町および施設内での有効活用を検討しており、最上町バイオマス推進協議会(仮称)を設置し、ZEデザイン、ZEエナジー、最上町、地域の有識者などと協議を進めていく方針だ。

情報元:
株式会社ZEエナジー | ニュース | お知らせ | 株式会社ZEデザイン初の木質ガス化発電所開設へ向けて、山形県最上町と覚書を締結しました。

ZEデザイン、木質ガス化発電所開設へ


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。