エジソンパワー 茨城県大子町でバイオマス発電事業

 リチウム電池製造や太陽光発電などを手がけるエジソンパワー(千葉県木更津市、山田敏雅代表)は、茨城県大子町でバイオマス発電事業・熱供給事業を行うことに合意、9月1日、大子町役場にて企業立地に関する協定調印式を行う。

 同事業は、FIT制度に基づく小規模木質バイオマス発電事業で、発電容量は1.1MW(一般家庭約2000世帯分)。ガスエンジンで発電機を駆動して発電、同時にガスエンジンの排気ガスや冷却水が有する排熱(1.2MW)を温水として町内に供給することも計画している。

 エジソンパワーでは、この7月、大子町の林業団体と原料供給契約を締結。2016年5月からの売電開始をめざし、事業を進める。

 同社では、今後、水素社会に向け、バイオマスからのガス化で得られる水素を利用した水素ステーションを併設したマルチジェネレーション発電システムの展開も予定している。

バイオガス発電プラントのイメージ図(エジソンパワーHPより)
ss 2015-09-02 16.10.29


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。