大阪府初のFIT適用バイオガス発電プラント 本格稼働!

 大阪府岸和田市で、リナジェン(東京都千代田区、三嶋大介社長)が設計・施工を手がけたバイオガス発電プラント「MFパワー1号」が、8月18日、竣工式を迎え、本格稼働を開始した。バイオガス発電でFIT(固定価格買取制度)が適用された、大阪府初の施設となる。

 「MFパワー1号」は、食品廃棄物17.3t/日を原料としてバイオガスを生成し、250kWの発電機を稼働する能力を有している。バイオガス発電分野の世界的リーディングカンパニーである独・EnviTec Biogas AGの様々なノウハウを取り入れ、メタン発酵槽にPC(プレキャスト・コンクリート)パネルを使用し、安定した品質と短納期を同時に達成、発酵後の消化液を返送・混合し、成分調整するプレミキシング工程を組み入れることで安定的な発酵を実現している。

 リナジェンは、今後も食品工場の自家処理需要などの小規模分散型へのニーズにも幅広く対応できるバイオガス発電プラントを提供していく方針。

大阪府初のFIT適用バイオガス発電プラント


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。