横河電機の子会社 ブラジルのバイオマス発電プラント向け制御システムを受注

 横河電機(東京都武蔵野市、西島剛志社長)の子会社であるヨコガワ・アメリカ・ド・スル(ブラジル サンパウロ、正田康晴社長)は、ボルト・エネルジーアス(Bolt Energias)が建設中のブラジル最大のバイオマス発電プラント向けの制御システムを仏アレバ(AREVA SA)傘下のアレバ・リニューアブルズ・ブラジル(AREVA Renewables Brazil)から受注した。

同プラントは、ブラジル北東部バイーア州のサンデジデーリオに建設される、発電ユニット3基からなる総出力15万キロワットのブラジル最大のバイオマス発電プラントで、燃料には計画栽培されたユーカリを使った木質バイオマスを使用する。このプラント向けに、統合生産制御システム「CENTUM® VP(センタム・ブイピー)」、安全計装システム「ProSafe®-RS (プロセーフ・アールエス)」などを納入し、エンジニアリング、据付支援・試運転などを行い、2017年中頃の電力系統への接続を予定している。

ブラジルや南米の多くの国では水力発電が主流だが、近年水不足が恒常化し電力供給が不安定なため、水力以外の発電所の建設が急務となっている。世界一のユーカリパルプやサトウキビの生産国であるブラジルにとって、バイオマス発電プラントは有力な解決策の一つだ。ヨコガワ・アメリカ・ド・スルの正田社長は今回の受注を受け、「YOKOGAWAはブラジルで様々な産業向けに500以上の制御システムを納入し、お客様の安全・高効率な運転を支援してきました。今回の受注を機にブラジルをはじめ、南米諸国での電力分野・再生可能エネルギー分野においてもさらに注力し、安定したエネルギーの供給に貢献していきます」と述べた。YOKOGAWAは成長市場である電力市場において今後も積極的に事業を拡大していく方針だ。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。