京都市 木質ペレットボイラー等、普及促進

 京都市では、市域面積の約4分の3を占める森林の健全な育成を図り、森林資源を有効利用するために「木質ペレットストーブ」及び「木質ペレットボイラー」の普及を推進している。その一環として、より多くの市民に間伐材等から生産される木質ペレットを活用してもらうため、木質ペレットストーブの購入補助及び木質ペレットボイラー導入補助希望者の募集を開始した。

 補助対象となるのは、木質ペレットストーブを京都市内の住宅、店舗、事務所等で使用する人、木質ペレットボイラーを市内の事業所で使用する企業等。補助の条件は市内産の間伐材を原料とした木質ペレットを使用することと、アンケート等の調査への協力。申請期間は平成28年2月29日まで。

ペレット


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。