九州バイオマス・中小水力セミナー 開催

九州経済産業局では、九州農政局、九州地域バイオマス関係機関連絡会議、九州地域産業活性化センター及び九州ソーラー&クリーンエネルギーネットワーク(SONEQ)と連携し、11月24日(火)、福岡で「九州バイオマス・中小水力セミナー」を開催する。
経済産業省は、エネルギー基本計画の方針に基づき、「長期エネルギー需給見通し」を決定し、日本における2030年のエネルギーミックス(電源構成)について再生可能エネルギーの比率を22~24%程度と定めた。
なかでも一日を通じ安定したエネルギーを生み出すことができ、地元の資源、地形等を活用した地産地消のエネルギー源として有効であるバイオマスと中小水力の導入を推進するため、同セミナーでは、バイオマス及び中小水力に係る規制や事例等を紹介する。
 セミナーは13時~17時、博多バスターミナル9階・大ホールで行われ、定員は130名、参加費無料。当日は、再生可能エネルギーの最新動向やバイオマス、中小水力関連の規制等に係る注意点を行政が説明。その後、第一部としてバイオマスセミナー、第二部として中小水力セミナーが行われる。バイオマスセミナーでは、熊本大学大学院の鳥居修一教授による基調講演を予定している。

ss 2015-11-18 8.17.23


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。