昭和シェル石油 京浜バイオマス発電所 運転開始

 昭和シェル石油(東京都港区、亀岡剛社長・グループCEO)は、神奈川県川崎市川崎区扇町に、木質バイオマス専焼の発電所としては国内最大級となるバイオマス発電所の営業運転を開始したと発表した。()
 同発電所は、2011年に操業を停止した製油所の跡地に建設したもので、発電出力49MW、年間発電量は、一般家庭約83,000世帯の年間消費量に相当する約300,000MWh。燃料には木質終ペレットやパームヤシ殻等を使用する。
 11月2日から営業運転を開始し、運営は同社100%子会社の京浜バイオマスパワーが実施する。
 昭和シェル石油では、同発電所について「社会から求められる再生可能エネルギーの導入拡大に寄与すると共に、社の総合エネルギー企業としての成長の一翼を担うもの」と位置付けている。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。