ハイポテック バイオガス精製装置 販売開始

 環境エンジニアリングを手がけるハイポテック(東京都中央区、佐竹英明代表)は、バイオガス精製装置「METACOMPRE®」を、2015年10月20日より販売開始した。
 「METACOMPRE®」は、家畜糞尿や下水道などのバイオマスから発生するバイオガスに含まれるメタンガスを、ガス精製メンブレンを用いて、高濃度・高効率に精製する装置。メタン濃度95%以上の高濃度なメタンガスを精製でき、バイオガス中のメタンガス回収率は95%。また、同装置に使用されているガス精製メンブレンの特性により、効率的に水蒸気を除去でき、精製メタンガスの露点温度は-50℃以下となっている。さらに、全自動運転で、オペレーション負荷も大幅に低減する。
 「METACOMPRE®」は、同社がこれまでの化学プラント等によるエンジニアリング業務で培った知識と経験を生かし、ダイセル・エボニック社(東京都新宿区、アンドレ・ノッペ社長)のガス精製メンブレンSEPURAN® Green膜を採用することで、高い生産性と省エネを実現した新製品。既存の方式と比べ、ガス精製メンブレン数の増減により顧客の要望に合わせた柔軟な装置設計が可能だ。
 同社では今後、メタン濃度99%以上、メタンガス回収率99%以上を目標に、同装置の受注を目指す。


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。