北海道のバイオガス製造事業 生産製造連携事業計画に認定

 農林水産省、経済産業省、環境省は12月11日、「農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律(平成20年 法律第45号)」に基づき、申請のあった生産製造連携事業計画を認定した。今回認定されたのは、「北海道音更地区家畜排せつ物バイオガス製造事業」で、認定累計件数は18件となった。
 「生産製造連携事業計画」とは、農林漁業者又は木材製造業者とバイオ燃料製造業者が連携して、原料生産と燃料製造に取り組む計画。認定を受けた事業者は、農業改良資金融通法等の特例、バイオ燃料製造施設に係る固定資産税の軽減、中小企業投資育成会社法の特例、産業廃棄物処理事業振興財団の債務保証等の支援措置を受けることができる。
 今回認定された「北海道音更地区家畜排せつ物バイオガス製造事業」では、家畜排せつ物を供給する畜産農家(1戸)とバイオ燃料製造業者である音更町農業協同組合が連携しメタンガスを製造する。実施期間は平成27年12月18日~平成32年3月31日。家畜排せつ物の供給目標は9,490トン/年、メタンガスの製造目標は313,170N㎥/年となっている。

ss 2015-12-17 19.59.28


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。