リナジェン バイオガス発電消化液を農地還元する大規模実証を実施

 バイオガス発電を手がけるリナジェン(東京都千代田区、三嶋大介代表)は、11月17日、19日の二日間、三重県の多気町で、バイオガス発電で生じた消化液(発酵残渣)を液肥として地域の小麦栽培農地に散布し、その生育を評価する大規模実証実験を実施する。
 バイオガス発電では、バイオガス生産の副産物として消化液と呼ばれる発酵残渣が生じる。この消化液は窒素やリンなど即効性の肥料成分を含んでおり、有機性の液体肥料としての価値が高く、欧米では一般的に農地利用されている。
 日本でも北海道を中心とした一部の地域で液肥として使用されているが、多気町近隣での散布事例は少なく、効率的な散布方法やどのような作物に有効なのかなど、利用手法の確立が必要となっている。
 リナジェンでは、「三重県新エネルギー等まちづくり促進事業費補助金」の採択を受け、多気町周辺地域で液肥利用に関する理解醸成を図っている。これまで、三重県立相可高校と連携し、学校農場で消化液を使用した空芯菜やイチゴの栽培実験を実施してきたが、今回は、町周辺の小麦栽培農地6カ所、71アールに液肥を散布する。
 実証事業では、散布だけでなく、地域の多様な作物への液肥活用、液肥利用による作物のブランド化、食品廃棄物排出事業者との連携による新規食品リサイクルループ構築など、様々な観点から農作物の付加価値向上に挑戦していく。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。