再エネ、熱利用等 10事業に補助金

一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成26年度補正予算「再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金」のうち、新規事業分(四次締切)の公募を行い、補助金交付先を決定した。
公募の対象となるのは「地域再生可能エネルギー熱導入促進対策事業」と「再生可能エネルギー熱事業者支援対策事業」。
「地域再生可能エネルギー熱導入促進対策事業」では、地域における再生可能エネルギー熱利用設備の導入促進を図ることを目的とし、地方公共団体、非営利民間団体、地方公共団体と民間事業者が連携して行う再生可能エネルギー熱利用の設備導入事業を行う民間事業者に対し、設備導入費の一部を補助する。「再生可能エネルギー熱事業者支援対策事業」では、再生可能エネルギー熱利用の設備導入事業を行う事業者に対し、設備導入費の一部を補助する。
平成27年9月1日~10月30日の公募期間中に14件の申請があり、10事業への補助を決定した。
採択された事業のうちバイオマス熱利用は1件。兵庫県の「日下部輝夫 第1農場への暖房用バイオマスボイラ設置事業」だ。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。