国産バイオジェット・ディーゼル実用化計画、始動

ユーグレナ(東京都港区、出雲充社長)は、横浜市、千代田化工建設、伊藤忠エネクス、いすゞ自動車、全日本空輸と協力し、2020年に向けた国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化計画を推進すると発表。2018年の稼働を目指した日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを横浜市の京浜臨海部に建設する。
現在、経済産業省、国土交通省などを中心に、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けたバイオジェット燃料の導入までの道筋検討委員会」の設立など2020年に向け、ジェット燃料をはじめとする燃料のバイオ化が推進されている。
ユーグレナでは、2010年5月よりバイオジェット燃料の研究を、14年6月よりいすゞ自動車とともにバイオディーゼル燃料の研究開発を開始、15年6月にはバイオ燃料製造技術の1つであるバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術に関するライセンス契約およびエンジニアリング契約を米国のChevron Lummus Global & Applied Research Associates(注)との間で締結し、バイオジェット・ディーゼル燃料製造の実現を推進してきた。そして今回、2020年に向けた国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化に向けた計画の実施を決定した。
バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントは、神奈川県横浜市鶴見区の旭硝子京浜工場内、約9,000㎡の敷地に建設予定。2016年夏に着工し、18年の稼働を目指す。


この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。