日立など 低濃度バイオエタノールでの発電システムを試作

宮古島新産業推進機構(代表理事:奥島 憲二氏)と、日立製作所(社長兼COO:東原 敏昭氏)は、40%の低濃度バイオエタノール燃料で発電する高効率な発電システムを試作した。システムの発電機に搭載したエンジンは、排熱を利用して低濃度バイオエタノール燃料から水素を発生させ、低濃度バイオエタノールと水素を燃焼して動かすことで、動力変換効率を高めている。40kWの発電システムで実証実験を行ったところ、45%の動力変換効率が得られることを確認。また、燃料に用いたバイオエタノールは、40%と低濃度で、危険物として扱う必要がなく、安全性も確保した。
 サトウキビやトウモロコシを原料とするバイオエタノール燃料は、大気中のCO2総量に影響を与えないカーボンニュートラル燃料であり、米国、ブラジル、欧州、東南アジア諸国等で自動車ガソリン混合用の燃料として利用されている。現在、自動車向けに使われているのは、農作物を発酵させた後に蒸留、脱水、濃縮の工程を繰り返して生成される濃度90%以上のバイオエタノール燃料。今後、バイオエタノール燃料の用途を拡大するためには、危険物として扱う必要のない安全な60%未満の低濃度のバイオエタノールで稼働するエンジン技術と、燃料となる低濃度バイオエタノールを効率的に製造する技術の開発が必要だ。
 宮古島新産業推進機構と日立は、低濃度バイオエタノールを用いた発電システムの開発に取り組み、日立が40%の低濃度バイオエタノールを用いて発電する高効率なエンジン技術を、宮古島新産業推進機構がバイオエタノールを効率的に製造する技術を開発した。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。