電源ソリューション 北秋田市に超小型木質バイオマスパッケージ「Volter40」を初導入

再生可能エネルギープラント開発、エネルギー管理事業などを手がける電源ソリューション(東京都港区、岩崎聡樹代表)は、木質チップを原料とするガス化熱電併給装置を製造するフィンランドのVolter社(Kempele, Finland、代表:Jarno Haapakoski)と独占販売契約を締結。3月4日より、木質チップを原料に電気と熱を同時に作りだす超小型「Volter40」の受注開始を行う。
 日本初となる第1号機は、世界一の大太鼓の里、北秋田市の道の駅「たかのす」に導入予定。北秋田市は面積の80%以上が森林で、97,770haもの豊富な森林資源を有し、米代川流域を中心に秋田杉の一大産地を形成しており、豊富な木質バイオマス資源を有している。この豊富な木質バイオマスから電気と熱を生み出し、道の駅「たかのす」で使用されるエネルギーとして活用することで、道の駅の運営コストを削減する。
 また、VOLTER JAPANの本社が、北秋田市の鷹巣(たかのす)に設立予定。同市では今後、新たなバイオマス市場の創出を目指し、道の駅「たかのす」と鷹巣工場で実機2台の運転を開始する予定だ。
 VOLTER社が開発した「Volter 40」は、木質チップを原料に電気と熱を同時に作り出すことのできる小型の熱電併給(CHP)システムで、1時間あたり、電気(40Kw)・熱(100Kw)のエネルギーを作り出す。小型であるにも関わらず、発電効率は約22%、熱利用率は約56%、全体のエネルギー効率は約78%という高い効率性を実現している。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。