レンゴー 八潮工場に木質バイオマス発電設備を新設

 段ボールや紙器などの紙加工品や板紙などを製造・販売するレンゴー(本社:大坪清会長兼社長)は、3月8日、八潮工場(埼玉県八潮市)に木質チップバイオマスボイラ発電設備を新設したと発表した。
 八潮工場は日本最大の板紙製紙工場として、段ボール原紙をはじめ年間約85万トンの板紙を生産している。完成した新設備は、従来、都市ガスが中心だったボイラ燃料のエネルギー源多様化を図るとともに、CO2排出量の削減を目的に建設。建築廃材由来の木質チップを主燃料とし、工場で必要となる電力に2割を賄う。
 同工場では、重油からクリーンエネルギーである都市ガスへの燃料転換やバイオマス資源の有効活用による徹底したCO2排出量削減に取り組んできた。木質バイオマス発電設備の完成で、さらに年間65,000トンのCO2排出量の削減を見込む。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。