電力自由化に関する意識調査 購入会社変更を考えているのは20%

 人材サービスのVSN(本社:東京都港区、川崎健一郎社長)は、関東在住の男女20~50代のビジネスパーソンを対象に「電力自由化に関する意識調査」を行った。インターネットリサーチにより、1,105名から回答を得た。
 調査の結果、2016年4月からの電力自由化にあたり、「電力購入会社の変更を具体的に検討している」のは約20%にとどまった。変更を検討している人が選ぶ電力購入会社は「東京ガス」がトップとなった。
 さらに、「電力購入会社を変更しない」と回答した理由については、「しばらく様子を見たい」がトップ、次いで「変更の手続きが面倒そう」が2位。
 電力自由化の導入で「最も期待するサービス」は何かに対する回答としては、「乗り換えによる割引強化」「長期利用による割引強化」と割引に期待が高い。
 今後、期待している「クリーンエネルギー」については、半数以上が「太陽光発電」と回答。続いて「地熱発電」「風力発電」「水力発電」「バイオマス発電」という結果となった。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。