廃棄物発電を活用したごみ収集 実証試験開始

川崎市(福田紀彦市長)とJFEエンジニアリング(東京都千代田区、狩野久宣社長)は、廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験に関する協定書を締結。3月17日、川崎市浮島処理センター(川崎市川崎区浮島町)で実証試験開始式を行った。
 近年の地球環境問題に対する意識の高まりで、化石燃料を用いるごみ収集車は、ハイブリッド型・天然ガス型など低炭素社会に寄与するものに置き換わる傾向にある。
こうした中、川崎市とJFEエンジニアリングは協働で、「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験に取り組む。ごみ焼却発電施設で発電する電力を活用し、電池交換型EVごみ収集車を用いた実証試験は日本初となる。
川崎市では、同実証試験を経て、電池交換型EVごみ収集車を活用したごみ収集の実用化を目指す。

画像:エネルギー循環型ごみ収集システムのイメージ(JFEエンジニアリングHPより)


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。