三菱製紙、王子HDと共同バイオマス発電事業

三菱製紙(本社:東京都墨田区、鈴木邦夫代表)は、3月28日、王子ホールディングス(本店:東京都中央区、矢嶋進社長)の100%子会社である王子グリーンリソース(本店:東京都中央区、藤原省二社長)と、バイオマス発電事業を目的とする合弁会社を設立し、三菱製紙八戸工場構内にバイオマスボイラを設置することで合意したと発表した。
 新会社は三菱製紙八戸工場(青森県八戸市)にバイオマスボイラ設備を設置、発電設備の運転および保守は三菱製紙が担い、バイオマス燃料の調達は主として王子グリーンリソースが行う予定。発電した電力は、FIT制度を利用し電力会社に販売する。
 新会社の社名は「エム・ピー・エム・王子エコエネルギー株式会社」。代表は、王子グリーンリソース常務取締役の田熊聡氏が務める。八戸工場内に設置する発電設備の発電能力は約75,000kwで、年間売電量約5.3億kwh、年間売上高約110億円を見込む。
 投資額は約240億円。事業開始は平成31年6月を計画している。

画像:三菱製紙八戸工場(青森県八戸市大字河原木字青森谷地)


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。