低圧バイオマス発電の情報サイト 開設

太陽光発電システムの保守点検業務や現場作業用アプリケーション、関連商材の開発・販売などを手がけるストライクポイント(本社:東京都港区、小田孝良社長)は、4月1日(金)、低圧バイオマス発電に関する情報提供サイト「biomasspower.net」を開設したと発表した。
再生可能エネルギーの検討にあたり、「天候や時間に左右されずに発電したい」、「環境負荷の低い発電方法を使いたい」、「維持管理費を低くしたい」、「既存の建物を有効活用したい」、「限られた土地面積で発電したい」といった課題を抱える人は多い。こうした課題の解決策として、ストライクポイントでは、バイオマス発電、特にスターリングエンジンを活用した「低圧バイオマス発電」を推奨している。
低圧バイオマス発電は、「静粛性に優れ、24時間連続稼働可能」、「燃やせるものは何でも燃料化」、「壊れにくく、高い保守性」、「設置場所をとらず、コンパクト」、「電力だけでなく、温水も供給可能」といったメリットがある。
新たに開設したサイトでは、スターリングエンジンと有機物燃料を活用した低圧バイオマス発電の情報をおもに紹介すると同時に、資源エネルギー庁が設定するFIT(固定価格買取制度)を利用した売電事業の情報を提供し、新エネルギー(再生可能エネルギー)による循環型社会を推進する。


*本記事に掲載している写真と本文は関係がありません

この記事を書いた人

THINK WASTE 編集部

こんにちは、THINK WASTE編集部です。ご覧いただき誠に有難うございます。国内外のリサイクルの取組事例や再生可能エネルギー技術、資源循環型社会構想など、先進的な廃棄物利活用に関する情報をお届けいたします。